八寸名古屋と九寸名古屋

Pocket
LINEで送る

名古屋帯には、八寸名古屋帯と九寸名古屋帯の2種類があります。

八寸名古屋帯は、幅が八寸(約30センチ)の帯地を使い、たれの部分だけ折り返してかがった帯です。
胴に巻く部分は帯地そのままで、帯芯も入れません。
帯芯を入れないため帯地自体が硬く、できあがった帯は軽いのが特徴です。

九寸名古屋帯は、幅が九寸(約34センチ)の帯地を使い、両端を中に折り込んで仕立てた帯です。
胴の部分を二つ折りにする場合と、開いたまま裏地を付ける場合がありますが、どちらにしても帯芯を入れます。
帯地は薄く柔らかですが、帯芯が入るため、できあがった帯は重く、厚みが出ます。
八寸名古屋帯のような帯地の制限がないため、現在の名古屋帯の多くは九寸帯です。

八寸の方が簡単に仕立てられること、九寸の方が重厚な仕上がりになることから、八寸の方がカジュアルとされていますが、豪華な八寸名古屋帯も軽快な九寸名古屋帯もあるので、一概にどちらが格上とは言えません。
どちらも同じ名古屋帯として扱ってよい物です。

Pocket
LINEで送る