「体型を補正する」とは

Pocket
LINEで送る

着物を着るときの手順に「体型を補正する」という段階があります。
成人式の振袖の着付けなどを頼むと、補正用にタオルを用意するように言われることもあります。

着物は直線的に作られているため、凹凸の多い人の体に着せようとすると、どうしても皺が寄り、着た後でずれてきます。
そのため、凹凸を埋めてできるだけ「寸胴」にします。これが補正です。

専用の道具もありますが、タオルとハンカチが数枚あれば十分です。
ウエストにタオルを巻いてくびれをなだらかにし、胸元がぱかぱかしてしまうときはハンカチを入れて埋めます。
胸の大きな人はタオルを巻いて固定しますが、押しつぶすほどきつく巻いていたのは一昔前のことで、今はそこまではしません。

式典の振袖など、特にきれいに写真に残したい場面ではもう少ししっかりと補正しますが、それ以外では簡単に済ませるのが現在の主流です。
中には全く補正しないという人もいます。
ただ、ウエストにタオルを巻いておくと滑り止めや汗取りの役にも立つので、これだけはやっておくと良いです。

Pocket
LINEで送る